ゼオスキン1回目終了結果 シミの変化と効果は?【画像あり】

この記事は約7分で読めます。

リコですー

2017年11月中旬からスタートしたオバジゼオスキンzoskinも、2018年3月の終わりにようやく1回目が終了しました。

長かったような、あっという間だったような・・・。

一言でいうと辛い数ヶ月でしたが、最後は肌のくすみが抜けて「やって良かった」と思いました。

ただ初期の頃は、

  • 顔中の皮むけ
  • 痛み
  • 乾燥

で外にも行きにくく、約束事もなるべくしないでおとなしくしているのが少し辛かったかな。。

 

終盤、ミラミックス(トレチノインと混ぜて使うクリーム)が少し残っている状態で3月終わり頃に病院へ行きました。

すると!

先生がさらにトレチノインを出してくれようとしたんです!

いえいえいえ! これから紫外線も多くなるし、も、もう充分です!

ということで、ゼオスキン第1回目は2018年3月末で終了させてもらいました。

 

ゼオスキン 始める前と後の変化を写真で検証

光りの加減に差があってすみません。

露出補正などはしていません。

アフターの方が肌色が明るく、キメも細かくなっているように感じます。

頬にあった「モヤモヤしたシミ」がだいぶ薄くなりました。

ゼオスキン ビフォーアフター

 

シミなのかソバカスなのか分からないような茶色の斑点もだいぶ少なくなりました。

ビフォーの頬の特に濃い赤味というかシミ部分は、シミ取りレーザーで取り残したものです。

 

ゼオスキンを使っている間は、変化しているという自覚はないのですよね。

時間を空けて写真を撮って比べてみると、以外と変化してものなんですね。

ゼオスキン ビフォーアフター

 

っと言うか、いくら写真の明るさを修正していないからと言って、ビフォーの肌くすみがすごすぎる!

甘いものを食べ過ぎると肌が「黄ぐすみ」していくんだそうですね。

が、私はいつも通り甘いものをとっていました。自覚が足りないですね。。

 

 

 

ゼオスキン 皮むけ、赤みはいつまで?

ゼオスキンを始める前までは、日数の経過とともに皮むけも赤みも落ち着いていくものだと勝手に思っていました。

 

が!

私の場合は、けっこう終わりの方まで肌が不安定で赤くなったり、細かく皮がむけたりしていました。

これって回数を重ねていくと落ち着いてくるものなのかしら・・・???

肌のことなので個人差がありますね。

皮むけを避けたい場合は、使用量を少量にして間隔を空けるなど工夫が必要です。

(私はどんどん皮膚代謝を上げたかったので、毎日使っていました)

ゼオスキン いちご鼻と毛穴の効果は?

個人的にかなり期待していた「いちご鼻と毛穴」問題。

しかし・・・

元々のいちご鼻の惨状がヒドイ!

毛穴がたてに伸びて、しずく型になっている私の肌では、まだまだ足りない足りない!

(写真もあるのですが、ちょっと見た目的にアレなので・・・)

ゼオスキンでも毛穴、鼻まわりの変化はなかなか難しそうです。

ゼオスキン トータルでかかった費用、料金

ゼオスキンでかかった費用のトータルを見てみましょう。

病院に行って支払った分をまとめてみます。

内訳費用

初回

  • 初診料
  • シナール(ビタミンC:飲み薬15日分)
  • トラネキサム酸(飲み薬15日分)
  • 肌スコープ
3,500円
2回目
  • 再診料
  • ゼオスキンキャンペーン「しっかり改善セット」
  • 日焼け止め(プラスプライマーSPF30 PA+++)
  • セディーユCローション(化粧水)
  • トレチノイン
  • シナール(ビタミンC:飲み薬30日分)
  • トラネキサム酸(飲み薬30日分)
約56,000円
3回目
  • 再診料
  • 洗顔料(フォーマクレンズ)
  • 化粧水
約9,000円
4回目
  • 再診料
  • トラネキサム酸(飲み薬30日分)
  • シナール(ビタミンC:飲み薬30日分)
  • 保湿クリーム

約12,000円

5回目
  • 再診料
  • トラネキサム酸(飲み薬30日分)
  • シナール(ビタミンC:飲み薬30日分)
  • トレチノイン
  • クリーム(ミラミックス)

約26,000円

6回目(窓口購入)

  • ノーマクレンズ(洗顔料)
  • 日焼け止め(オクリプスシーSPF50 PA++++)

約15,000円

合計

118,000円

トータルで約12万円でした。

 

え・・・???

と自分でもビックリするくらいかかってしまいました。

4カ月で約12万円。。。

ひと月あたり3万円。。。

 

普段、美容にお金をかけている方なら「こんなの普通」と思うかも知れません。

が、ワタシ的には「思ったよりかかった」という印象です。

ひと月に肌関係に3万円もかけるなんて、人生史上初めてのことじゃないでしょうか。。

でもどうしても「ゼオスキン」を知った時にスルーすることができなかったのです。

(そのくらい悩んでいた)

 

 

ゼオスキン メンテナンス終了後のスキンケア

ゼオスキンが1クール終わった後、化粧水などはどうするか・・・?

悩むところです。。

先生オススメのスキンケア

先生からは「オバジシリーズで続けて行った方が良い」というようなアドバイスをいただきました。

「ここまでやったのだから、また元に戻ってしまうのは勿体ない」と。

バラトーン(化粧水)と特にデイリーPDがいいと勧められました。

デイリーPD

デイリーPDは、確かにつけてるだけで肌の調子は良いしツヤツヤになります。

「なんか肌力上がった?!」と勘違いしてしまうほど調子の良い肌に。

リポソーム化されたビタミンEが肌に浸透しやすくなり効果が長時間続くのと、肌の酸化を抑え紫外線のダメージから守ってくれるスーパークリームということです。

でも50ml入りで2万円くらいして、ちょっと高価なんですよね。

それにバラトーン(化粧水)が結構肌に赤みが出てしまうんです。

なんというか使っていても気持ちが下がる感じです。

化粧水

まずは化粧水として、こちらを使うことにしました。

元々は先生から勧めてもらった化粧水のセディーユCローションです。

セディーユCローション

肌なじみが良くて、使っているうちにだんだん肌が柔らかく、透明感が出てくるような感じがしてお気に入りです。

以前ドラッグストアで買ったビタミンC入り化粧水で、それほど敏感でもない肌が真っ赤になってしまって合わないことがありました。

こんなことは今までになかったので、それからは「合う」と感じたものを大切にしています。

セディーユCローションは安心して使える上に効果も感じるので気に入っています。

クリーム

クリームは、ルミキシルクリームを買ってみました。

ルミキシルは皮膚科のお医者様でも勧められているクリームです。

シミの原因であるメラニンの生成を抑制してくれて、その抑制力はハイドロキノンの17倍もあるとのこと!

肌が白抜けすることもなく敏感肌でも使えるクリームです。

ルミキシルクリーム

ルミキシルクリーム

チビチビと使っていますが、1プッシュでも結構伸びが良いです。

乾燥することなく、翌朝は肌がなめらかにツルッとした感触になっています。

このまま少し様子を見てみようと思います。

どんな感じかはまた追って書きますね。

まとめ

やっと念願かなって始めたゼオスキンも1クールが終了しました。

でも費用面がちょっと大きく出過ぎましたネ。

それぞれをざっくりまとめると以下の感想になりました。

【良かった点】

  • くすみが改善された
  • 肌にツヤが出始めた
  • 細かなシミが消えた
  • 肌コンプレックスがだいぶ減った

【残念だった点】

  • 費用がかかり過ぎ
  • 肌が痛い、赤みや皮膚のむけ方が大きい
  • 外出しずらい

肌の赤みなどで結構ヒーハーしていましたが、終了後はくすみが抜けて肌に対するコンプレックスが少し減ったのが大きかったかなと思います。

「もう1回やる?」と誰かに聞かれたら・・・

ん〜〜〜〜、、今はまだ分からないですーw

以上、ゼオスキンに興味がある方の参考になれば嬉しいです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

トップへ戻る