エバメールUVゲル 2種類使ってみた口コミ 保湿とツヤが欲しい方におすすめ!

この記事は約8分で読めます。

エバメールUVゲル

リコです。

昔お世話になっていたエバメール。

いわゆるオールインワンゲルなのですが、保湿に優れていてとても使い心地が良いゲルです。

エバメール ゲルクリーム 180g

 

使い心地が良いと言いつつ、色々な商品に浮気しているうちにいつの間にか忘れてしまうんですよね・・・

 

そんなある日、エバメールにUVゲルがあるのを発見!

 

「エバメールのUVゲルってどんなだろう?」と思いつつ注文してみたら、思っていた以上に使い心地が良かったのでレビューします。

 

日焼け止めってモノによっては、肌がキシキシしたり圧迫感がありませんか?

 

あと「石けんで落とせる」って表示されていても、「イヤイヤイヤ〜! これはメイク落とし使わないと落ちないでしょー」というものもありますよね。

 

でもエバメールUVゲルは保湿に優れ、肌にツヤまで運んでくれて、石けんでもスルッと落ち「さすがエバメール!」でした。

 

今日の記事は、日焼け止めのキシキシと乾燥が苦手な方にオススメしたいです。
記事の終わりの方に、エバメールUVゲルとトゥヴェールのUVパウダーをはたいた写真を載せたので良かったらご覧ください。

 

エバメールUVゲルは2種類

エバメールUVゲルはSPF30と、SPF50の2種類があります。

それぞれ使ってみたので紹介しますね。

 

どちらもアマゾンの商品レビューが高評価です。

敏感肌の方に好まれていますね。

エバメール UVゲル SPF30 PA++ の特徴

界面活性剤不使用。

こちらSPF30の特徴は、「紫外線防止剤」をカプセルで閉じ込めたところ。

防止剤がカプセルでコーティングされているため、肌に直接触れない仕組みになっています。

 

スクワラン(エモリエント効果)、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、黒砂糖エキス等で肌を保湿して守る日焼け止め、というのがコンセプトなんですね。

 

すぐに透明になって、白浮きゼロです。

 

手のひらにとってみると、軽い感触。

エバメールUVゲル SPF30

 

意外と白いんだなーと思いつつ、手の甲に伸ばしてみると・・・

エバメールUVゲル SPF30

エバメールUVゲル SPF30

スルスル〜っと透明になりながら伸びて、すぐ肌に馴染みました。

エバメールUVゲル SPF30

塗り終わり。しっとりして、わずかにツヤも。

顔に塗っても重くありません。

もちろん「キシキシ感」も「コーティングされてる感」もなしです。

こういうのをストレスフリーと言うのでしょうね。

 

この冬に使ったのですが、乾燥にも困らず、保湿されてるなーと実感

 

毎年秋になると肌がピリピリしてきて「あー乾燥が始まった〜〜」とブルーになるのですが、今年はそれがありませんでした。

SPF30の成分

成分内容
水、グリセリン(保湿)、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(日焼け防止)、BG(保湿)、ステアリン酸グリチルレチニル(肌荒れ防止)、グリチルリチン酸2K(肌荒れ防止)、アラントイン(肌荒れ防止)、ポリクオタニウム-61(保湿)、アマモエキス(保湿)、アロエベラ葉エキス(肌荒れ防止)、オウゴンエキス(肌荒れ防止)、カワラヨモギエキス(肌荒れ防止)、クロレラエキス(保湿)、ダイズエキス(保湿)、スクワラン(エモリエント)、加水分解コラーゲン(保湿)、水溶性コラーゲン(保湿)、ペンチレングリコール(保湿)、ヒアルロン酸Na(保湿)、黒砂糖エキス(保湿)、アルギン酸Na(粘度調整)、カルボマー(粘度調整)、(スチレン/アクリル酸アルキル)、コポリマー(皮膜形成)、ビフィズス菌発酵エキス(保湿)、ポリシリコーン-14(皮膜形成)、カラメル(着色)、水酸化K(pH調整)、トコフェロール(製品の抗酸化)、エチドロン酸(安定化)、ビスエチルヘキシルオキシフェノールトキシフェニルトリアジン(日焼け防止)、海塩(保湿)、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(日焼け防止)、フェノキシエタノール(防腐安定)、メチルパラベン(防腐安定)

 

エバメール モイストテックUVジェル SPF50+ PA++++ の特徴

お次は、SPF50+ PA++++です。

パラベン・鉱物油・エタノール・香料・着色料フリー。

こちらの特徴は、新型ウォータープルーフ処方というところでしょうか。

とても軽い感触なので、「ウォータープルーフ??? 本当???」と思ってしまうのですが、これから紫外線が強くなってくるのでSPF50+ PA++++でウォータープルーフは心強いです。

なのに白浮きなし。

 

あとは、ハリ・透明感・保湿にこだわっているようです。

中でも

  • プロテオグリカン・・・保湿力がヒアルロン酸の1.3倍
  • リピジュア・・・保湿力がヒアルロン酸の約2倍
  • Wプロテクト機能搭載/紫外線A波・B波、たばこの煙、排気ガス、PM2.5から徹底的に肌を守る

という点は嬉しい。

 

手の甲に載せてみると「アラ! SPF30より白い!」

エバメールUVゲル SPF50

 

伸ばしてみると、やっぱり白い・・・ムム!

エバメールUVゲル SPF50

 

だんだんと白さが消えて・・・

エバメールUVゲル SPF50

 

塗り終わり。しっとりしています。

エバメールUVゲル SPF50

 

さすがにSPF30と比べると、ゲルの白さや透明になるまでの時間は少しですがかかりますね。

 

また無香料ということなのですが、ちょっと「ん?」という匂いがします。

どんな匂いって表現が難しいのですが、原材料の匂いなのですかね?

ちょっとムッとした匂いです。(って分からないですよね。。)

 

SPF30の時は感じなかったので、SPF50は個人的に匂いだけ少し残念でした。

ただ塗っている時だけなので、いつまでもクサいわけではありません。

 

でもSPF50ということを考えると、白浮きせず、キシキシも圧迫感もなしで保湿されている感じまでするのは、かなり優等生な気がします。

 

こちらも石けんでスルッと落ちるので楽チンです。

 

最近はだんだん年をとってきて、まぶたに日焼け止めが白くスジになって残るように・・・

(↓赤い線のところに白く日焼け止めが残ってしまうのです)

 

日焼け止め残り

 

エバメールUVゲルは、SPF30もSPF50もどちらも上記のようになりませんでした。

 

なんかもうこれだけでかなり気持ちが上がりました。

 

SPF50+の成分

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、グリセリン、トリエチルヘキサノイン、ペンチレングリコール、アスコルビルグルコシド、水溶性プロテオグリカン、水溶性コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、クロクスクリサンツス根エキス、アロエベラ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ワサビノキ種子エキス、ビルベリー葉エキス、ポリクオタニウム-61、グリチルリチン酸2K、DPG、BG、イソステアリン酸、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、アラビアゴム、マルトデキストリン、キサンタンガム、デキストリン、カルボマー、水酸化K、トコフェロール、BHT、フェノキシエタノール

 

ゲル特有のモロモロは出る?

ゲルと言えば、気になるのがモロモロ。

覚悟していたのですが、私はモロモロは感じませんでした。

 

最近は家にいる時は、エバメールSPF50とトゥヴェールのUVパウダーをはたいて終わりなのですが、モロモロは出ません。

 

他の製品だとこの組み合わせでもモロモロすることがあるので、これは助かります。

 

使っているUVパウダーです。

 

日焼け止めの重ね塗りが難しい時も、パタパタっとはたくだけでUV効果がありそうなので重宝しています。

トゥヴェールSPF50UVパウダー

 

中はこんな感じです。仕切りのシールも小さなパフも付いています。トゥヴェールSPF50UVパウダー

はたいてみると最初は白く感じるのですが、そのうち肌になじんできました。

 

エバメールUVゲルSPF50とトゥヴェールUVパウダーをはたいた写真

UVゲルとUVパウダーで1日過ごした写真です。

ボケボケな写真ですが、ツヤが出ているのが伝わるでしょうか?

(ボケたおかげで毛穴が消えたw)

 

頬に光が差すなんて、しばらくぶりのことでちょっと嬉しくなりました。

 

エバメールUVゲル SPF50を塗った写真

 

本日紹介した商品

昔からの製品で人気と信頼があるエバメール

 

軽い使い心地。保湿に優れているので秋〜冬の乾燥する時期にもおすすめ。

 

まずは小さいのから試したい方には、30g入りのもあります。

 

春から夏本番にかけては、やっぱりこっちかな? 白浮きなしで保湿もしてくれます。

 

SPF50/PA++++ の日焼け止めUVパウダーは心強い味方。外出時は何度もパタパタしてしまう。

 

 

トップへ戻る