【シミ取りレーザー経過日記5】皮膚科でピーリングを初めて受ける

リコです。

前回からの続きです。

シミのかさぶたが取れて診察してもらったら、患者さんでぎゅう混みの病院にはしばらく来なくて済むかなぁと思っていました。

が、診察時に「今日、ピーリングしていかれますか? 毛穴、きれいになりますよ」と言われ、即座に「お願いします!」と答えた私。

なんかせっかく痛い思いをしてシミとりレーザーをしたのなら、「もう少しできることはやってみよう!」という気になっていました。

元々くすみもひどかったし、小鼻周りの皮膚もザラザラしているし、毛穴もものすごい状態なのでずーっと悩んでいたのです。

スポンサーリンク

ピーリングとは・・・

eggs-400ピーリングとは、酸性のお薬を顔に塗って古くなった角質を溶かし、新陳代謝を活性化&皮膚の再生を早めてくれる治療法です。

年をとってターンオーバーが遅くなり、剥がれ落ちるはずの角質が皮膚の表面に残ったままだと、それが肌のざらつきや、くすみを生み出すのですって。

どうりで自分の顔をいつ見ても「くすんでる:::」と思ったのは、こういうこともあったのですね。

大人ニキビが出来ても治りが遅いし、相当ターンオーバー出来ていないなと思ってはいましたけれど。。

皮膚科で初めてのピーリング

先生は即座に「今日1回だけじゃ綺麗にならないんですよ。5〜6回は続けてみてくださいね」と言います。

今回は意外にも待たずにすぐ治療してくれるとの事でした。

この日もスッピンにマスクで病院に行きましたが、基礎化粧品や日焼け止めを落としてからということで洗顔しました。

洗顔後、看護師さんがおもむろに私の顔(主に鼻を中心にしたIライン)にピーリング剤を塗りました。

タイマーでこのまま3分置きます。

塗った直後から、ムズムズわじわじ・・・

かゆいような変な感じ・・・

3分後、ピーリング剤を落としてください、とまた水で洗顔。

その後ベッドに横になり、看護師さんが鎮静しますね、と濡れたガーゼを顔に乗せてくれました。(3分×2回)

帰宅してからググったのですが、ピーリングをした後は皮膚が吸収モードになっているようです。

なので他の病院や美容皮膚科では、ピーリングと共にイオン導入などをしている所などがありました。

今回私がお世話になっている病院は、そこまではしていないようで料金も安価でした。

まぁ、通いやすいのは助かります。

でもせっかくなら、イオン導入もしてもらいたい・・・

次回どこかでまたピーリングしたくなった時は、イオン導入つきの所に行ってみよう。

なんだか最初はかなり意気込んでいたのですが、やっぱりこちらの皮膚科の「ワサワサ感」に慣れなくて、結局ピーリングはこの時の1回だけになってしまいました。

スポンサーリンク
ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る